肌を再生する|評判のRDクリニックや目の下のたるみを取る美容液やウルセラで若返り|美しくなる方法
ロゴ

治療をするためには順番を追って行うのが一般的

数々の検査を行う

自身の細胞を使う肌治療になるため、医療機関で行うような検査が必要になります。これは患者自身が安心して治療ができるかを見るためのものなので、きちんと行ってくれるクリニックを選定しましょう。

本格的な治療をするための手順

気になる部分を相談しよう

全体的にたるんでいたり、目にしわがあったりなど肌に関する悩みは人それぞれです。カウンセリングでは、患者それぞれが持つ悩みにスポットを当てるので、施術内容や再生医療の概要をより詳しく説明してくれます。

次に行うのが血液検査

正常な細胞を採取するために梅毒やB型肝炎とC型肝炎、エイズ、白血病ウイルスなどの検査を行ないます。カウンセリングをした後すぐに検査ができるので、希望する場合は前日に伝えておきましょう。

早速採取して培養を開始する

血液検査で問題がないと判断された場合は、特殊なやり方で皮膚を採取します。その際麻酔をするのでほとんどの方が痛みを感じません。さらに細胞を増やすために血液を採取することもあります。

実際に細胞を移植する

皮膚を採取してから時間をかけて細胞を繁殖させるため、最大で一か月くらいはかかります。回数は一回目と二回目があり、二回目になると細胞自体が定着しやすいためこの時が一番効果が出やすいです。

肌を再生する

医者

注射による痛み

注射をする際は表面に麻酔を塗布するためほとんど痛みはありません。また、深く刺さるわけではありませんから、強い痛みを感じることもないでしょう。安心して大丈夫です。

足りない場合も続けて施術ができる

治療の回数を重ねるだけで十分肌を再生できますが、細胞の数が極端に少ない場合追加で注入することになります。また追加で費用がかかることもあるので、何回か治療が受けられるプランだと経済的負担が減ります。

検診には欠かさず行くのがおすすめ

培養した細胞を体内に入れた後、経過観察のために何度か検診を受ける必要があります。もちろん無料なので余計な出費は出ません。またこの検診では、画像を見ながらの説明があるので皮膚がどのように再生されているのか知るきっかけになります。

細胞の保存を行っているかにも注目

余った細胞に関しては、評判が良いRDクリニックだと若いまま保存してくれます。特殊な環境の元に置かれるので、何年経過しても若い細胞を自分の肌へ移植することが可能です。

広告募集中